味わいたい

とらや季節の羊羹「髙根羹」

気高く美しい富士山を表現した羊羹

真っ赤な空に青々とした富士山のコントラストがまぶしい羊羹。高根は「高嶺」「高峰」とも書き、高い峰や山を指す言葉です。「富士の高根」といえば富士山のことで、その気高く美しい様は多くの歌に詠まれています。

髙根羹(ハーフサイズ)髙根羹(ハーフサイズ)

明治時代の記録にその銘が残る季節の羊羹「髙根羹」は、この神々しい富士を模した、新年を迎えるにふさわしい一品。

髙根羹(大棹)

サイズ 24.5×7.0×6.0cm
重さ 700g×2(総重量1,500g)
価格(税抜) 7,300円

髙根羹(ハーフサイズ)

サイズ 12.4×7.4×6.0cm
重さ 700g(総重量728g)
価格(税抜) 3,650円