ICICL volume

2018 / ICICL volume

ボルダリングのホールドを、木材を手作業で加工し製作する作家のブランドロゴ。

作家の野内俊輔さんが実際に用いている木材の中から木目の模様を選び、ロゴに用いた。野内さんは、「ハリボテ(wood volume)は壁に取り付ける道具としてだけではなく、オブジェや家具のように生活に寄り添うものとして用いてもおもしろい」と考え、制作している。

instagram:@icicl_volume

ICICL volume(デザイナー)

小玉文(デザイナー)

1983年大阪生まれ。2007年東京造形大学デザイン学科グラフィックデザイン専攻領域卒業。株式会社粟辻デザインに7年在籍したのち、2013年株式会社BULLETを設立。特にパッケージデザインなど、印刷加工を用いたデザインを得意とする。東京造形大学 講師。おもな受賞歴に、GERMAN DESIGN AWARD、One Show(gold)、Pentawards(platinum)、Cannes Lions、D&AD(graphite)、Red Dot、iF Design Award、グッドデザイン賞など。

http://www.bullet-inc.jp/