第160回 田子學 (デザイナー)

[桐山登士樹の推薦文]

数多くの新製品が並ぶインテリライフスタイル2012の会場の中で、ひときわ目を引いていた鳴海製陶の「OSORO」。製品デザインだけでなく、配布物までも気合いが入っていた。聞いてみるとエムテドの田子學さんがクリエィティブディレクターとして参画し、デザインをトータルにプロデュースしているという。田子さんは、業界に一石を投じたあのリアル・フリートのデザインマネージメントの責任者として活躍していたことは、よく知られている。転機となった2008年からのデザインは、より日常の上質さを求める指向が強く現れている。環境が変われば、そこに即した引き出しをあけることができるスキルの確かさ、強さ、そして安定感が滲み出ている。

designディレクター桐山登士樹

桐山登士樹

デザインディレクター

デザインの可能性を探っていきたい。そんなことを考えて30年。さまざまなプロジェクトを通じて、デザインの力をアピールしています。

田子學(デザイナー)

田子學(デザイナー)

株式会社エムテド 代表取締役 アートディレクター/デザイナー
東京造形大学II類デザインマネジメント卒。
株式会社東芝デザインセンターにて多くの家電、情報機器デザイン開発にたずさわる。同社退社後、株式会社リアル・フリートのデザインマネジメント責任者として従事。その後新たな領域の開拓を試みるべく、2008年株式会社エムテドを立ち上げ、現在にいたる。現在は幅広い産業分野において、コンセプトメイキングからプロダクトアウトまでをトータルでデザイン、ディレクション、マネジメントをしている。
GOOD DESIGN AWARD、red dot design award、JDCAデザインマネジメント賞、ILS AWARDデザインビジネス賞、他受賞作品多数。

2010年~日本デザイン振興会(JDP)「グッドデザイン賞」審査委員

mail:design@mtdo-ch.com
http://www.mtdo-ch.com/