建築のなかの文学、文学のなかの建築

建築のなかの文学、文学のなかの建築

どこにでもある“普通”の建物だった早稲田キャンパス旧4号館。村上春樹の作品世界との呼応を意図する建築コンセプトのもと、建築家・隈研吾氏(1954-)によるリノベーションを経て、大きく様変わりしました。象徴的な流線形をした外観トンネルや階段本棚、家具や館内サインのひとつひとつに至るまで、何度も話し合いが重ねられ、その都度、方向転換をしながら進められてきました。

本展では、こうした過程に結びついた「コミュニケーション」を探り、数々の製作者たちの作業の痕/製作者一人ひとりの存在を示すことを目指しました。また展示室には、建築と文学にまつわる書籍を展示しています。手に取って、文章のなかの印象的な建築を巡ってみてください。建築の空間を体感して楽しむ「感覚」を思い出すきっかけとなるはずです。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2021/10/01(金)~2022/02/04(金)
時間 10:00~17:00
休館日 水曜日
入場料 無料
会場
  • 早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)
  • 2F 展示室
  • 東京都新宿区西早稲田1-6-1
会場URL https://www.waseda.jp/culture/wihl/
詳細URL https://www.waseda.jp/culture/wihl/news/415