京都dddギャラリーとDNP京都太秦文化遺産ギャラリーが、COCON KARASUMA内に移転・リニューアルオープン

上段:「京都dddギャラリー」の展示風景 下段:「DNP京都太秦文化遺産ギャラリー」の展示風景上段:「京都dddギャラリー」の展示風景
下段:「DNP京都太秦文化遺産ギャラリー」の展示風景

大日本印刷株式会社(DNP)と公益財団法人DNP文化振興財団が京都市右京区太秦で運営してきた「京都dddギャラリー」と「DNP京都太秦文化遺産ギャラリー」が、京都市下京区四条烏丸の商業施設 COCON KARASUMA(古今烏丸)内に移転し、7月23日にリニューアルオープンした。

1991年に大阪・堂島にグラフィックデザイン専門ギャラリーとして開設された京都dddギャラリー。2014年に京都市右京区太秦に移転し、これまで関西のクリエイターの作品や海外のデザインなどを紹介する展覧会を231回開催し、累計来場者数は約38万人にのぼる。

一方、DNPが印刷事業を通じて培った文字や画像のデジタル化・ネットワーク化などの技術・ノウハウを応用して展開する、DNP京都太秦文化遺産ギャラリー。文化遺産のアーカイブ事業を広く公開しており、各種文化遺産の高精細映像コンテンツや、国内外の美術館・博物館との共同プロジェクトによるインタラクティブ鑑賞システムなどが体験可能な施設となっている。

今回移転先となったCOCON KARASUMAは、1938年竣工の京都丸紅ビルを建築家・隈研吾がリノベーションし、2004年に誕生した複合商業施設。両ギャラリーは、リニューアルオープンにより、多くの人々との交流や対話を通して新しい価値や創造性を発見することを目指している。

https://www.dnp.co.jp/news/detail/10162866_1587.html