カタチとくらし

カタチとくらし

京都水族館は、2021年7月31日(土)~10月31日(日)の期間、いきものの「カタチ(姿)」と「くらし(棲み処)」をデザインし展示する企画展「カタチとくらし」を開催しますのでお知らせします。本企画展は、すみだ水族館で展示されていたもので、京都水族館では初開催となります。

いきものの形や色、模様は、棲んでいる場所やその習性などに基づいています。いきものたちの「カタチ」の由来がわかる「くらし」の特徴を、「ぐるぐるの家」「だんだんの家」などテーマを設けた独創的なデザインで表現し、「ミスジリュウキュウスズメダイ」や「ビッグベリーシーホース」など、6種類の個性豊かで小さないきものたちを、6つの水槽で展示します。

例えば、海の浅瀬などで暮らす「ナベカ」は、貝殻などを巣穴にする習性があり、小さな穴にも後ろ向きのまま収まります。その「ナベカ」の習性や特徴をわかりやすくご覧いただけるようデザインしたのが「あなあなの家」です。丘のようなデザインは、危険が迫るとすぐに穴に入れるよう、お腹を地面につけながら泳ぐ「ナベカ」たちが移動しやすい設計にしています。また、細長い体にぴったりとフィットする穴を好むため、大小さまざまな大きさの穴を用意しました。海や川に暮らしているいきものたちの「カタチ」が、彼らの「くらし」にどのように由来しているのか、想像を巡らせながらご覧いただけます。

本企画展は、京都水族館と同じくオリックス水族館株式会社が運営するすみだ水族館で2020年に開催し、デザイナーの藤井北斗氏とともに「日本空間デザイン賞2020」および「第54回日本サインデザイン賞」で、それぞれ『金賞』を受賞しました。受賞を記念して、2021年4月から7月の期間にすみだ水族館で再展示したところ、お客さまから大変ご好評をいただいたことを受け、関西にお住まいの皆さまにもぜひご覧いただきたいと、京都水族館への移設展示を決定しました。

当館のコンセプト「近づくと、もっと好きになる。」を体現した展示をお楽しみください。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2021/07/31(土)~2021/10/31(日)
時間 詳細は公式ホームページをご覧ください
休館日 会期中無休
入場料 大人(大学生含む)2,200円/高校生1,700円/中・小学生1,100円/幼児(3歳以上)700円
会場
  • 京都水族館
  • 2F 交流プラザ
  • 京都府京都市下京区観喜寺町35-1 梅小路公園内
会場電話番号 075-354-3130
会場URL https://www.kyoto-aquarium.com/
詳細URL https://www.kyoto-aquarium.com/news/details/3767.html