昭和モダーン モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界

昭和モダーン モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界

泉屋博古館東京にて、「昭和モダーン モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界」が2024年8月31日から9月29日まで開催されます。

—以下、公式サイトの紹介文を抜粋—

「昭和」モダンのアートシーンを飾ったモザイク作家・板谷梅樹(いたやうめき、1907-1963)。かつての日劇のモザイク壁画、瀟洒な飾箱や飾皿、帯留やペンダントヘッドなど、絵画や模様を表出した独特のエキゾチックなモザイク作品は、どれも清新な色彩と可憐な意匠にあふれています。

近代陶芸の巨匠・板谷波山(いたやはざん、1872-1963)の息子であった梅樹は、父が砕いた陶片の美しさに魅了され、20代半ばから陶片を活用したモザイク画の制作を志します。その代表作は旧日本劇場一階玄関ホールの巨大なモザイク壁画(1933年作、原画:川島理一郎)でした(現存せず)。戦後復興の中で残された梅樹の作品は決して多くはありませんが、近年その再評価の機運が高まっています。

本展は、梅樹作品を一堂に集めた初の展覧会となります。昭和29(1954)年に制作された現存する最大の壁画《三井用水取入所風景》は、本展の見どころのひとつといえるでしょう。住友コレクションの板谷波山作品と共に、カラリストと称された波山と梅樹の美の競演をお楽しみください。併せて、住友コレクションの茶道具をご紹介いたします。

【関連イベント】
●記念講演会「モザイク作家・板谷梅樹を語る」
日時:8月31日(土) 14:00~15:00
講師:荒川正明(本展監修者、学習院大学教授)
※要事前申込

●講演会(1)「古代モザイクの歴史と技法」
日時:9月8日(日) 14:00~15:00
講師:ヤマダカズキ(モザイク作家)
※要事前申込

●講演会(2)「茶道具・仕覆の修復について」
日時:9月15日(日) 14:00~15:00
講師:三浦和子(袋師)
※要事前申込

●〈アートWith〉レクチャー「美術館学芸員の仕事とは―板谷梅樹展の場合」
日時:9月13日(金) 17:30~18:30
講師:森谷美保(美術史家)
聴講料:500円
※要事前申込

●学芸員によるスライドトーク
日時:9月5日(木)、9月12日(木) 12:00~12:45
講師:森下愛子(泉屋博古館東京主任学芸員)
※予約不要、当日整理券配付

開催期間 2024/08/31(土)~2024/09/29(日)
時間 11:00~18:00(金曜日は19:00まで/入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(9/16、9/23は開館)、9/17、9/24
入場料 一般1,200円/高大生800円/中学生以下無料
参加アーティスト 板谷梅樹
会場
  • 泉屋博古館東京
  • 東京都港区六本木1-5-1
お問い合わせ 050-5541-8600(ハローダイヤル)
会場URL https://sen-oku.or.jp/tokyo/
詳細URL https://sen-oku.or.jp/program/20240831_itayaumeki/