ICC キッズ・プログラム 2018「さわるのふしぎ、ふれるのみらい」

ハプティックって何だろう?

フライヤーデザイン:中西要介 イラストレーション:間芝勇輔フライヤーデザイン:中西要介 イラストレーション:間芝勇輔

毎年夏休み期間に開催される「ICC キッズ・プログラム」。2018年度は「さわるのふしぎ、ふれるのみらい」と題し、私たち誰もが持つ触覚の奥深さをテクノロジーによって感じ直す体験、そして、触覚が情報化される近未来の表現をテーマとしている。

私たちは世界を五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)で感じとっている。このうち、目(視覚)や耳(聴覚)で感じる情報を伝えるための技術は、テレビやラジオ、電話などの形で私たちの生活でもおなじみのものになっているが、触覚は、実物に触れなければ感じることができないものだとされてきた。しかし最近、触覚を記録・再生したり、またはそこにない凸凹や質感を伝えたりする触覚技術が開発され、注目されるようになっている。

本展では、テクノロジーを利用した芸術表現、デザイン、遊びなどから、子どもたちに感覚への新たな気づきを提供するとともに、触覚を記録・再生するツールなど最新の触覚技術を紹介し、子どもたちの感覚の想像力を広げ、思考や創造を生み出すきっかけとなる場を提供する。

開催期間 2018/07/20(金)~2018/08/26(日)
※イベント会期は終了しました
時間 11:00~18:00
休館日 月曜日、保守点検日(8/5)
入場料 無料
参加アーティスト 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科、NTTコミュニケーション科学基礎研究所、株式会社フレーベル館、凸版印刷株式会社、HAPTIC DESIGN PROJECT、echo project 他
会場
  • NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
  • ギャラリーA
  • 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4F
お問い合わせ 0120-144-199
会場URL http://www.ntticc.or.jp/
詳細URL http://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2018/icc-kids-program-2018-information-touch-wonder/