銀座メゾンエルメス ウィンドウディスプレイ100回記念トークイベント

© Satoshi Asakawa / Courtesy of Hermès Japon 吉岡徳仁「吐息」2004年/2009年© Satoshi Asakawa / Courtesy of Hermès Japon 吉岡徳仁「吐息」2004年/2009年

2018年1月18日に100回目を迎えた、銀座メゾンエルメスのウィンドウディスプレイ。

2001年6月の銀座メゾンエルメスの竣工以来、そのウィンドウは銀座の街に開かれた「エルメス劇場」として、街行く人々にエルメスの世界観を紹介してきた。毎年のエルメスのクリエーションのベースとなる年間テーマを題材に、国内外で活躍するアーティストやデザイナーが自由な発想でデザインするウィンドウは、2か月ごとに新しく生まれ変わり、それを舞台に主役となる製品が毎回異なる表情を見せる。

本イベントは、ウィンドウディスプレイ100回を記念し、スペシャルサイトやトークイベントなどで今までの軌跡を振り返ると同時に、エルメスのウィンドウのエスプリを多角的に紹介するものだ。

【イベント詳細】
●アリス・ローソーン 講演
日時:3月17日(土) 15:00~16:00
デザイン評論家、アリス・ローソーンによる、ウィンドウディスプレイの歴史から、銀座メゾンエルメスウィンドウの特徴までをビジュアルとともに考察

●アリス・ローソーン×服部一成 対談「ウィンドウデザインの独自性や方法論について」
日時:3月18日(日) 11:30~12:30
2015年に銀座メゾンエルメスのウィンドウディスプレイを手がけたグラフィックデザイナーの服部一成と、アリス・ローソーンの対談

●ミシェール’トラクスラー 講演
日時:3月18日(日) 15:00~16:00
3月に、101回目のウィンドウディスプレイを担当するオーストリア人デザインユニット、ミシェール’トラクスラーが展開中のウィンドウについて語る。

また、公式サイトでは過去100回のウィンドウ画像をすべて見ることできるムービーも公開されているので、ぜひ一度ご覧いただきたい。

開催期間 2018/03/17(土)~2018/03/18(日)
※イベント会期は終了しました
時間 イベントによって異なる
入場料 無料(公式サイトにて抽選/各回定員80名 ※2/16より応募開始)
会場
  • 銀座メゾンエルメス フォーラム
  • 東京都中央区銀座5-4-1 8F
詳細URL http://www.maisonhermes.jp/feature/670959/