株式会社キナリ「草花木果」

『草花木果(そうかもっか)』のブランドリニューアルにあたり、アートディレクションを軸としたブランディングを行なっています。ブランドロゴ開発と、リニューアル第一弾となるスキンケアコスメ商品のパッケージ、販促物などの企画・デザインを担当しました。日本の自然を成分に使用するなど、長年続く『草花木果』ブランドの良いところは残しつつ、しなやかな美しさのあるデザインに整えました。

ブランドロゴの中にある「S」の文字はブランドの頭文字でもあり、美しいだけでなく風雨にさらされても折れることなくしなやかに曲がる、芯のある植物の強さをイメージしてデザインしました。マークとして、パッケージにも大きくデザインしています。

パッケージデザインは成分に含まれる日本の植物、ゆず・どくだみ・八重桜などをイメージしたアイコンと、「S」のマークで統一しています。また、化粧品は生活の中で毎日手に取り目に入る商品なので、広告的主張が強いパッケージデザインではなく、生活の中に馴染むデザインに整えています。

メインビジュアルは、植物の持つ天に向かって成長していく力や生命力を、視覚的にも伝えていきたいということをカメラマンの金子親一さんに伝え、撮影していただきました。

商品に使用されている植物を使用した天然精油の香りは、花や果実の香りを感じた時のような気持ち良さがあり癒されます。そのほかにも、自然の成分をふんだんに使用した『草花木果』の商品で、人生のお肌のお手入れ時間をすこしでも楽しい時間にしてもらえたらとの想いで制作しています。

関本明子(株式会社ヒダマリ)

スタッフ

クリエイティブディレクター・コピーライター/沢辺香(torch)
アートディレクター・デザイナー/関本明子(株式会社ヒダマリ)
フォトグラファー/金子親一(株式会社キネェントス)
プリンティングディレクター/熊倉桂三(株式会社山田写真製版所)