KIGIがグラフィックを担当、「hotel Siro」が7月3日にオープン

「hotel Siro」ロゴはKIGIが担当「hotel Siro」ロゴはKIGIが担当

ホテルコンサルティング事業を手がける株式会社アスリードが、「hotel Siro(ホテルシロ)」を7月3日に西池袋にオープン。同ホテルのコミュニケーションデザインとグラフィックデザインを、デザインスタジオ「KIGI」が担当した。

KIGIは、ホテルを象徴する「白」という漢字をモチーフにしたロゴのほか、白いフクロウと白い花が描かれたキーグラフィックを作成。コースターやレターセットなどに、これらのグラフィックが展開されている。アメニティや従業員のエプロンには、KIGIのオリジナルブランド「KIKOF」のものが採用されている。

また、地上10階、総客室数41室で構成される同ホテルは、3組のデザイナーが3フロアごとにデザインを担当し、全個室が異なる趣をもつ。各部屋は外回廊と直接つながっており、縁側、土間、障子や引き戸など、日本的な要素が取り入れられている。

建設設計・プロデュースおよび1階と8~10階の個室デザインを手がけたのは、建築デザインを中心に幅広い分野で活躍するMOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO。2~4階は株式会社CAPD/WA-SO design、5~7階はSO,u株式会社が個室デザインを手がけた。

https://hotel-siro.jp/