Takahiro Matsuo「INTENSITY」

FLAREFLARE

※会期が9月6日(日)から9月22日(火・祝)まで延長(8月25日追記)

ポーラ ミュージアム アネックス(東京・中央区銀座)では、美とテクノロジーで「光」「空間」「人」「インタラクション」が融合した光のアートやデザインワークを手がけるアーティスト 松尾高弘の展覧会「INTENSITY」を2020年7月20日(月)から9月6日(日)まで開催します。

松尾高弘は映像、照明、オブジェクト、テクノロジー、インタラクションによる光のインスタレーションを制作しています。その作品は映像やライティングを主として、プログラミングやシステムをも自ら手がけるなど、アナログからデジタルを横断する独自のクリエイションが特徴であり、身体や感覚に訴えかけるエモーショナルな空間インスタレーションを得意としています。2009年ミラノサローネでのCANON『NEOREAL』では国際的に話題となり、2018年にもミラノサローネにてKAWAI(河合楽器製作所)「Crystal Rain」を手がけるなど、近年は数多くのラグジュアリーブランドとのタイアップによる光のアートワークを手掛け続けています。ポーラ ミュージアム アネックスでは2011年の「LIGHT EMOTION」以来、9年ぶりの展覧会となります。

本展では、光や現象による「INTENSITY(=強度)」をコンセプトに、光のエネルギーやコントラストを力強く知覚体験できる作品3点を展示します。新作の「SPECTRA」は世界初の技術を使った光と水のインスタレーションで、太陽光の放射角を持つ特殊な光が水を透過して反射することにより、閃光のような眩い光を放ちます。暗い空間に現れる光の群は、キラキラと輝きながらも、儚く静かで、しかし確実にその輝きのエネルギーは鑑賞者の心に響き、内に秘めた自らの強さを目覚めさせてくれるような作品です。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2020/07/20(月)~2020/09/22(火)
時間 11:00~18:40(webによる事前予約制)
休館日 7/27、8/11、8/24
入場料 無料
参加アーティスト 松尾高弘
会場
  • ポーラ ミュージアム アネックス
  • 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3F
会場電話番号 050-5541-8600(ハローダイヤル)
会場URL https://www.po-holdings.co.jp/m-annex/
詳細URL https://www.po-holdings.co.jp/m-annex/exhibition/index.html