コミュニケーションの部屋

野田哲也《日記 1971年5月15日》1971年 木版・スクリーンプリント、紙 和歌山県立近代美術館蔵野田哲也《日記 1971年5月15日》1971年 木版・スクリーンプリント、紙 和歌山県立近代美術館蔵

今回の展覧会は、「コミュニケーション」がテーマです。近年ではメールやSNS、オンラインミーティングといった、デジタルベースのコミュニケーションが活発になっていますが、本来コミュニケーションとは、なんらかの情報を伝え、「共有」することを指します。つまり道具のいらない一番シンプルな方法は、ひとところに集まり会って話すこと、「いま・ここ」を共有することです。

「いま・ここ」を共有するという意味では、美術館の展覧会は、まさにコミュニケーションのための場だと言えます。そうは言っても「あまりおしゃべりしてはいけない雰囲気なのに、なぜ?」「ひとりで来ているけれど、なぜ?」と思われるかもしれません。しかし作品とじっくり向き合い、作者の考え方を追体験することは、わたしたち一人ひとりと作品とのコミュニケーションのかたちです。さらには互いに知らない者同士でも、各自の見方や意見がさまざまに重なったり、ズレていることに気づいたりすることで、作品という存在を介してコミュニケーションをすることができます。作られた時代も地域も違う作品が集う場所を共有する――そこにはもはや時間や空間の制限はありません。まさに展覧会はコミュニケーションのための特別な空間です。

では展覧会という場では、どのようなコミュニケーションが生まれているのでしょうか。展覧会に並ぶ作品の作者、 展覧会を見る人、そして展覧会を作る美術館の立場も含めたさまざまなコミュニケーションのかたちを、まさに「コミュニケーションの部屋」である展覧会において、考えてみたいと思います。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

【関連イベント】
●アーティスト・トーク
日時:10月9日(土) 14:00~16:00
場所:和歌山県立近代美術館ホールおよびオンライン配信
参加費:無料
定員:30人程度(当日先着順)
※当日先着順、申込不要(オンラインでの参加方法は公式サイトをご覧ください)

●ワークショップ「ものまね関係」
日時:10月10日(日) 13:00~15:30
場所:和歌山県立近代美術館ホール
対象:小学生以上
定員:15人程度
参加費:500円
※先着順、要事前申込(申込方法は公式サイトをご覧ください)

開催期間 2021/08/15(日)~2021/10/10(日)
時間 9:30~17:00(入場は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(9/20は開館)、9/21
入場料 一般520円/大学生300円
参加アーティスト 野田哲也、トーマス・ルフ、村井正誠、森口宏一、君平、前川紘士 他
会場
  • 和歌山県立近代美術館
  • 2F 展示室
  • 和歌山県和歌山市吹上1-4-14
会場電話番号 073-436-8690
会場URL https://www.momaw.jp/
詳細URL https://www.momaw.jp/exhibit/2021communication/