transparent handkerchief series

2015/2016 / swimmie

透かして見ると柄が現れる、透明プリントの技術を使ったハンカチシリーズです。2015年に「forest」を発表してから少しずつ柄が増えて今は5種類です。

透明プリントが開発されたタイミングで、swimmieのオーナーから「この素材を使って何かデザインができませんか?」と相談を受けました。角度によって柄が見え隠れするプリントになっています。

ちょっと見えたような見えないような感じがポイントで、例えば「sauna」は人がいた形跡を透明プリントで表現していて、自分ではすごい気に入ってるんですけど、好みが分かれますね(笑)。「window」だと、himmeli(ヒンメリ)というフィンランドの工芸品が置いてあったりして、窓の向こうの生活が見えてくるようなものを描いています。

【スタッフクレジット】
撮影/Masahiro Muramatsu

http://swimmie.me

transparent handkerchief series(テキスタイルデザイナー)

氷室友里(テキスタイルデザイナー)

日本とフィンランドでテキスタイルを学び活動しているテキスタイルデザイナー。人と布との関わりの中に驚きや楽しさをもたらすことをテーマにデザインを行う。織の組織づくりから自身で行うオリジナルテキスタイルは、ハサミでカットして柄がアレンジできたり、表と裏で柄が変わったり、見る角度によって柄が変わったりと、一枚の布に小さなしかけと工夫がつまっている。商業施設のアートワークや、壁紙のデザイン、ワークショップの企画など、活動の幅を広げている。
http://www.h-m-r.net/

2017/7/3 15:40