ecute立川アートワーク

2016 / KIJUTSU

ecute立川内に設置されるアート制作を担当しました。私が立川出身だったからということでお話をいただいたわけではないのですが、立川で過ごした自身の幼少期の思い出から、4種類のパターンを制作しました。壁面パネルやクッション、レリーフなどに展開され、館内に設置されています。

「TACHIKAWA」柄は過去と現在の2つの要素を提案。上下左右でどちらもつながるようになっていて、つなげ方によってさまざまな未来の柄がつくれるようなコンセプトになっています。

ecute立川アートワーク(テキスタイルデザイナー)

氷室友里(テキスタイルデザイナー)

日本とフィンランドでテキスタイルを学び活動しているテキスタイルデザイナー。人と布との関わりの中に驚きや楽しさをもたらすことをテーマにデザインを行う。織の組織づくりから自身で行うオリジナルテキスタイルは、ハサミでカットして柄がアレンジできたり、表と裏で柄が変わったり、見る角度によって柄が変わったりと、一枚の布に小さなしかけと工夫がつまっている。商業施設のアートワークや、壁紙のデザイン、ワークショップの企画など、活動の幅を広げている。
http://www.h-m-r.net/

2017/7/3 15:40