資本主義の構造を示唆するアーティストユニット「Nerhol」の新作展のテーマは「食物」

©Nerhol©Nerhol

国内外で注目を集めるアーティストユニット「Nerhol(ネルホル)」の新作展「Slicing the Onion」が、東京・恵比寿の「POST」開催される。「Nerhol」は田中義久氏と飯田竜太氏からなるアーティストユニット。現代においていかにして問題を提起し、人に伝えていくかという方法論において共通項を見出し、2007 年よりNerhol として活動を開始。現代の経済活動が生み出し続ける消費と生成、忘却という巨大なサイクルの急所を突くような作品を一貫して制作している。

2012年4月に開催した展覧会以来、3年ぶりとなるPOSTでの個展のテーマは「食物」。何層にもわたって同じ表情を内側に湛えるタマネギを被写体に選んだ。タマネギの塊(マス)をスライスし、その個体の成長の結果として現れる皮層を定点観測した約80枚の写真を時系列で重ね合わせ、5~7パターンの切り方でカットした新作36点が発表される。[7月3日-7月26日]

http://post-books.info/news/2015/6/26/nerhol-slicing-the-onion