第216回 秋山かおり (デザイナー)

[桐山登士樹の推薦文]

秋山かおりさんに初めてお会いしたのは、2014年のフォーリサローネのランブラーテ会場だった。インハウスデザイナーを卒業し、海外での準備を経て独立。まだ夢と不安が交差する時期だと思うのだが、反してノビノビした性格の様で、その時の会話は明るくポジティブだった。今年の2月にフランクフルトで開催された「アンビエンテ」でもお会いし、近々このページで紹介することを約束した。秋山さんは非常に知的に物事を捉え、構築するのに長けた方だ。そういう意味でもブレのない確かなデザイナーである。企業にいたら管理職まで上り詰めるタイプだろう。私が更に希望するのはデザイナーの内面みたいな話だ。着眼点は素晴らしい。表現の完成度が高い。あと残るのは、デザイン思考を刻み広げることだ。そうすることで秋山さん個人の存在感がぐっーと増す様に思う。さらなる活躍を期待したい。

designディレクター桐山登士樹

桐山登士樹

デザインディレクター

デザインの可能性を探っていきたい。そんなことを考えて30年。さまざまなプロジェクトを通じて、デザインの力をアピールしています。

秋山かおり(デザイナー)

秋山かおり(デザイナー)

東京を拠点に、色や素材の持つ力を効果的に活用するクリエイションを生み出すデザイン事務所「STUDIO BYCOLOR」を主宰。千葉大学工学部デザイン工学科を卒業後、オフィス家具メーカー勤務を経て、オランダのデザイン事務所STUDIO Samira Boonでの経験を通し、現在にいたる。グッドデザイン賞、DESIGN PLUS賞(ドイツ)、Design Intelligence Award Top100(中国・杭州)、富山プロダクトデザイン賞入選、Young Designer Award 2015 他受賞。ミラノサローネ(イタリア)、アンビエンテ(ドイツ)など国内外の展示会出展。法政大学 デザイン工学部/日本工学院専門学校 プロダクトデザイン科 非常勤講師。

http://studiobycolor.com/