生きている東京展

アイラブアート 15

島袋道浩「象のいる星」 2008年 撮影:今井紀彰島袋道浩「象のいる星」 2008年 撮影:今井紀彰

美術館のある風景。この9月、ワタリウム美術館は開館30周年を迎えました。

1985年、渋谷区神宮前のトライアングルの地に、建築家マリオ・ボッタによる「ワタリウム建築プロジェクト」がスタート。ボッタが最初に考えたことは「まず正面に大きなファサードをおく、街に豊かさを与える都市の新しい顔となるために」ということでした。

1990年9月、通勤、通学、休日のショッピングの人たち、キラー通りを走り抜ける車窓から覗く人、通りから一歩入った路地に暮らす町の人たちへ、日常の中に、美術館のある街が生まれました。

2020年、パンデミックの状況下、世界規模で何かが大きく変わろうとしています。1990年の開館以来、東京からアートをと、この場所で様々な作品が生み出されてきました。アーティスたちが見たこの30年間から、東京を再考したく、本展では、コレクションを中心に、未公開ドキュメント、さらにゲストアーティスト3人を交え展示します。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋/一部編集》

開催期間 2020/09/05(土)~2021/01/31(日)
時間 11:00~19:00(水曜日は21:00まで)
休館日 月曜日(ただし、11/23、2021/1/11は開館)、12/31~2021/1/4
入場料 大人1,200円/学生(25歳以下)1,000円/小・中学生500円/70歳以上の方900円
参加アーティスト 島袋道浩、寺山修司、齋藤陽道、JR(ジェイアール)、バリー・マッギー、マリオ・ボッタ、ナムジュン・パイク 他
【ゲストアーティスト】会田誠、渡辺克巳、SIDE CORE
会場
  • ワタリウム美術館
  • 東京都渋谷区神宮前3-7-6
会場電話番号 03-3402-3001
会場URL http://www.watarium.co.jp/
詳細URL http://www.watarium.co.jp/jp/exhibition/202009/