和田永「シマシマを着てシマシマで演奏体験をしてみよう!」

ICC キッズ・プログラム 2017「オトノバ 音を体感するまなび場」関連イベント

和田永「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」(参考図版) 撮影:Mao Yamamoto和田永「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」(参考図版) 撮影:Mao Yamamoto

音は空気中を伝わる振動現象だが、電気的に波形として表わすことができる。たとえば、正弦波などの自然界に存在しないきれいな周期的な波を持った音は、視覚的にしま模様として表現される。反対に、しま模様をビデオカメラで撮影して、電気的に音に変換することができる。そうした仕組みを利用して、会場でさまざまな太さのしま模様から音をつくり出す。

本イベントでは、しま模様の服を着て、設置されたカメラでシマシマが撮られ、テレビに映されると、映し出されたシマシマの本数によって音程の違う音が鳴る。会場に設置された和田による作品「ストライプト・セッションズ(ボーダーシャツァイザー)」を使って、和田永とNicos Orchest-Labのメンバーとともにセッションがおこなわれる。もし、シマシマの服を持っていたら、それを着て参加し、自分の服を楽器にしてセッションしてみてはいかがだろうか。

※事前申込制
定員:20名
対象:小学4年生以上

開催期間 2017/08/26(土)
時間 14:00~15:00
入場料 無料
参加アーティスト 和田永、Nicos Orchest-Lab
会場
  • NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
  • ICCギャラリーA
  • 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
お問い合わせ 0120-144-199
会場URL http://www.ntticc.or.jp/ja/
詳細URL http://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2017/workshop-wada-ei-august-26-2017/