世紀末ウィーンのグラフィック

-デザインそして生活の刷新にむけて

フランツ・フォン・ツューロウ《月刊帳 1915年3月版》 1915年 京都国立近代美術館所蔵フランツ・フォン・ツューロウ《月刊帳 1915年3月版》 1915年 京都国立近代美術館所蔵

目黒区美術館は、1987年の開館以来、近現代の美術だけでなく、生活美術やデザイン、建築といった分野にも着目し、企画展やワークショップの活動に反映させてきました。その中で、2009年に開催した『上野伊三郎+リチ コレクション展-ウィーンから京都へ、建築から工芸へ』は、京都国立近代美術館のご協力により、同館所蔵の、1920年代にウィーン分離派のヨーゼフ・ホフマンに建築を学んだ上野伊三郎とウィーン工房でデザイナーとして活躍したフェリーツェ・リックス(上野リチ)夫妻の作品・資料群を一堂に紹介したものでした。

2015年、京都国立近代美術館の収蔵品には、新たに世紀末ウィーンの優れたグラフィック作品がまとまった形で加わりました。当時のウィーンで生み出された版画や挿絵本とその原画、装丁、壁画の原画など、多様な表現による作品群で、アパレル会社キャビンの創業者、平明 暘(ひらあき いずる)氏が蒐集したコレクションです。そして、2019年1月から2月にかけて、京都国立近代美術館で同コレクションの全貌が紹介されました。これに続き、今春、目黒区美術館で『世紀末ウィーンのグラフィック』展を開催いたします。

1897年のウィーン分離派設立から1914年の第一次世界大戦勃発まで、世紀末から二十世紀初頭のウィーンでは、グスタフ・クリムトやヨーゼフ・ホフマンらを中心に、新しい時代に相応しい芸術、そしてデザインの在り方が模索され、絵画、彫刻、建築をはじめ数多くの素晴らしい作品が生まれました。中でもグラフィックの分野は、印刷技術の発展や雑誌メディアの隆盛を背景にめざましく発展し、新しい芸術の動向を人々に伝え、社会に浸透させる上でも重要な役割を担いました。

本展は、京都国立近代美術館所蔵の約300件にのぼる膨大なグラフィック作品のコレクションを中心に、同じく平明氏旧蔵のリヒャルト・ルクシュによる石膏彫像と貴重なアドルフ・ロースの家具一式を加え、世紀末ウィーンの息吹と魅力をお伝えします。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2019/04/13(土)~2019/06/09(日)
時間 10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし、4/29、5/6は開館)、4/30、5/7
入場料 一般800円/大高生・65歳以上600円/小中生および障がい者手帳をお持ちの方とその付添者の方1名は無料
会場
  • 目黒区美術館
  • 東京都目黒区目黒2-4-36
会場電話番号 03-3714-1201
会場URL https://mmat.jp/
詳細URL https://mmat.jp/exhibition/archive/2019/20190413-63.html