鈴木まもる・絵本原画と鳥の巣コレクション展「鳥の巣がおしえてくれること」

『世界の鳥の巣の本』(岩崎書店)『世界の鳥の巣の本』(岩崎書店)

“鳥の巣”は、鳥の家ではない。鳥が卵を産み、あたため、ヒナを育てるための場所。つまり鳥の巣は、妊婦さんのおなかの中のようなものなのである。まさにそのおなかそっくりな巣をつくるキムネコウヨウジャク、9mもある大きな巣をみんなでつくるシャカイハタオリ、羊の毛をフェルト状にした寒さに強い巣をつくるツリカズラ…。巣のかたち、大きさ、材料、つくる場所、つくり方は、鳥の種類によってさまざまだが、どれも新しいいのちを大切に育むための工夫がたくさんつまっている。

『ピン・ポン・バス』『せんろはつづく』など150冊以上の絵本を手がける絵本作家・鈴木まもるは、鳥の巣研究家としても活躍している。30年以上にわたり世界各地で鳥の巣を集め、研究し、『世界の鳥の巣の本』『鳥の巣ものがたり』『鳥の巣いろいろ』などの著作で鳥の巣をさまざまな視点から描いてきた。

「飛行機はもちろん、家や衣服、入れ物、さまざまな生活用具など、昔から人は、鳥や鳥の巣から何かしら触発を受け、真似をしたりしながら物をつくってきたと思います。物だけでなく、求愛の踊りや歌などさまざまな芸術活動や、“愛の巣”“巣立ち”などの言葉もあるように、暮らしの中にも、鳥から教わってきたものがあると思います」(鈴木まもる)

本展では、『世界の鳥の巣の本』の絵本原画と、鈴木氏のコレクションより鳥の巣の実物が展示され、その魅力と不思議に迫る。本展が開催される7~8月は、鳥の巣から巣立った若鳥たちが元気に飛び回る時期。この夏、ぜひ鳥の巣の世界に触れてみてはいかがだろうか。

【関連イベント】
●ワークショップ「鳥の巣をつくろう」
日時:8月1日(水) 14:00~16:30
会場:ワークショップルームA
講師:鈴木まもる
対象:小学1~6年生(親子参加も可)
参加費:500円(保護者は無料)
定員:抽選20名
※要申込/締切は7月18日

※他の関連イベントは公式サイトをご覧ください

開催期間 2018/07/21(土)~2018/08/26(日)
時間 9:00~20:00
休館日 会期中無休
入場料 無料(関連イベントは有料)
参加アーティスト 鈴木まもる
会場
  • 世田谷文化生活情報センター 生活工房
  • 3F 生活工房ギャラリー
  • 東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー内
会場電話番号 03-5432-1543
会場URL http://www.setagaya-ldc.net
詳細URL http://setagaya-ldc.net/program/417/