写真家・東海林広太 個展『過去に写した時間 誰も知らなかった写真について』

東海林広太東海林広太

さまざまなジャンルの企画展示がボーダーレスに発信されていく、PARK GALLERY。2019年初のエキシビジョンは、写真家として活動する東海林広太による個展『過去に写した時間 誰も知らなかった写真について』です。

個展『radiant』から約2年。彼が日々のライフワークとして、まるで生き急ぐかのようにシャッターを切り続け、捉えてきたたくさんの美しい瞬間の中には、誰の目に触れることなく地層のように静かに積み重ねられてきた作品も少なくありません。過去から未来へ。今回の展示では、そんな過去の写真たちが、まるで息を取り戻すかのように再編集され、未来に向けて呼吸し始めます。

こぼれ落ちて重なった写真の層の中に何を見るか。美しさ、はたまた時間が刻む残酷さか、抗えない虚しさか。今回の個展では新作の発表も行います。ぜひこの機会に、PARK GALLERYに足を運んでみてください。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2019/01/12(土)~2019/02/03(日)
時間 13:00〜20:00
休館日 月・火
入場料 無料
参加アーティスト 東海林広太
会場
  • PARK GALLERY
  • 東京都千代田区外神田3-5-20
詳細URL http://park-tokyo.com/