祈りをむすぶ 正月の飾りと五節供の結び

第740回 デザインギャラリー1953企画展

正月の飾り 写真:大友洋祐正月の飾り 写真:大友洋祐

第740回、デザインギャラリー1953の企画展「祈りをむすぶ 正月の飾りと五節供の結び」が開催される。

人間にとって「結ぶ」という行為は、非常に原初的なものだった。例えば、狩猟の石器などは、石に持ち手を結びつけて道具としたものであり、貝殻を紐で列ねたりして装身具をつくったりすることも、紀元前40万年ほど前から人間の営みの中で行われ、実用的な技術として人間の歴史に登場した。そして、時代が下がるにつれ、むすびの技術や意味は洗練され、実用的なむすびとは一線を画する神聖な存在へと発展していく。

本展では、神との関係性が強い「むすび」の世界の中でも特に、日本人の生活の中に今でも息づく「正月の飾りと五節供の結び(「人日(正月)」「上巳(三月)」「端午(五月)」「七夕(七月)」「重陽(九月)」)」にスポットを当て、その世界を紐解いていく。それぞれの節供に込められた日本人の信仰や慣習、それに関わるむすびの存在を識れる機会となる。2018年の正月企画として、年始を祝い、一年の無事を願う展覧会になるだろう。

【関連イベント】
●デザインサロントーク
※詳細は公式ホームページをご覧ください

開催期間 2017/12/27(水)~2018/01/22(月)
時間 10:00~20:00(最終日は17:00まで)
休館日 詳細は公式ホームページをご覧ください
入場料 無料
会場
  • デザインギャラリー1953
  • 東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座7F
会場URL http://designcommittee.jp/gallery/
詳細URL http://designcommittee.jp/2017/12/20171227.html