企画展「マンモス展」

企画展「マンモス展」

永久凍土で冷凍状態のマンモスが発掘されてから今日まで、100年以上にわたってマンモスに関する研究は続けられています。世界では、さまざまな生命科学に関する研究機関が『マンモス復活プロジェクト』を立ち上げ挑戦していますが、これまでの科学技術だけではマンモスの復活を達成することは現時点では難しいことが最新の研究により分かってきました。

一方で、生命科学の進歩に伴い、マンモスをはじめとした冷凍状態で発見される動物から、生命のさまざまな情報-遺伝情報やタンパク質情報-を取り出す技術を手に入れました。取り出した情報を用いて、太古に起こっていただろう生命現象を再現しつつあり、ベールに覆われたマンモスの真の姿へ一歩ずつ近づいています。そうした中で、日本の近畿大学がマンモスの全貌解明へ向けた最先端の生命科学研究を展開し、その姿を捉えようとしています。

マンモスをはじめとした生命科学研究がもたらす科学技術の革新は、絶滅危惧種の保護やマンモスに限らぬ絶滅種の再生の糸口につながるのみならず、先端医療や食糧問題、地球環境問題などさまざまな分野に役立つ可能性があります。その一方で、絶滅種の復活については、倫理的な問題や生態系への影響など、私たちが考えなくてはならないさまざまな課題も同時に存在しています。

本展では最先端生命科学の“今”をご紹介しながら、同時にこれからの生命科学のあり方についても考えていきます。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2019/06/07(金)~2019/11/04(月)
時間 10:00~17:00(入場は閉館30分前まで)
休館日 火曜日(ただし、7/23、7/30、8/6、8/13、8/20、8/27、10/22は開館)
入場料 大人(19歳以上)1,800円/中人(小学生〜18歳)1,400円/小人(4歳~小学生未満)900円/3歳以下・障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
会場
  • 日本科学未来館
  • 東京都江東区青海2-3-6
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL https://www.miraikan.jst.go.jp/
詳細URL https://www.mammothten.jp/