清里フォトアートミュージアム収蔵作品展「原点を、永遠に。-2018-」

ジュリオ・ビッテンクール(ブラジル、1980) 《Ramos 13》2009年 ©Julio Bittencourtジュリオ・ビッテンクール(ブラジル、1980) 《Ramos 13》2009年 ©Julio Bittencourt

清里フォトアートミュージアム(K*MoPA)は東京都写真美術館において、2度目となる「原点を、永遠に。-2018-」展を開催する。

本展は、K*MoPAの全収蔵作品の中から、写真家が35歳までに撮影した作品が展示される。19世紀以降の海外の著名な写真家35人、第二次世界大戦以後の日本を代表する31人、K*MoPAが世界の35歳以下を対象におこなう公募「ヤング・ポートフォリオ」から厳選された29人、計95人409点の写真が公開される。なお会期中に展示替えを行い、同一作品を異なる順序で観ることができる。

【会期】
前期(歴史編):3月24日(土)~4月15日(日)
後期(作家編):4月17日(火)~5月13日(日)

【関連イベント】
●ギャラリートーク
会場:東京都写真美術館 地下1F 展示室
※予約不要

川田喜久治(写真家)
日時:4月7日(土) 14:00~15:00

鬼海弘雄(写真家)
日時:4月21日(土) 14:00~15:00、16:00~17:00

開催期間 2018/03/24(土)~2018/05/13(日)
※イベント会期は終了しました
時間 10:00~18:00(木・金は20:00まで/いずれも入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし、祝日の場合は開館し、翌平日休館)※4/30、5/1は開館
入場料 無料
会場
  • 東京都写真美術館
  • 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
お問い合わせ 0551-48-5599
会場電話番号 03-3280-0099
会場URL http://topmuseum.jp
詳細URL http://www.kmopa.com/?p=5843