建築展「地域と生活を考える」

masahiro katsukimasahiro katsuki

杉並は新宿などに近く、住みやすいベッドタウンとしても知られている。また、太宰治などの多くの文豪が住んでいたり、ジブリがあったりと創造の場としてもなじみのあるところだ。ただ最近は、分譲住宅や高層マンションが多く建てられ、古い町並みはほとんど残っていない。

生活で考えると、経済発展とともに都市の風景は1970年代以降大きく様変わりした。これは経済発展により住宅産業のシステムが変わり、古くからある街並みがどんどん消されたからだ。住宅は建売住宅や企画住宅など利益のために商品化され、地域とのつながりと生活は乖離してしまったように感じる。

そこで本展では、さまざまなプロジェクトを通して、地域と生活の関係性について考える。

開催期間 2018/05/01(火)~2018/05/11(金)
時間 9:00~18:00
休館日 日曜日
入場料 無料
参加アーティスト 永山祐子、香月真大、渡邉詞男、荻原雅史、山岸大助、バンバタカユキ、パーシモンヒルズ・アーキテクツ、永井拓生(Eureka)、久保秀朗+都島有美、阿部光葉
会場
  • 杉並区民ギャラリー
  • 東京都杉並区阿佐谷南1-15-1 杉並区役所2F
お問い合わせ 09065172257
会場URL http://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/bunka/kouryu/1005149.html
詳細URL http://masakatsuki173.wixsite.com/mysite