スノーピーク初のホテル宿泊スタイルの体験型グランピング施設が、徳島小松島​にオープン

画像は公式サイトより(https://www.snowpeak.co.jp/news/p20210316-1/)snow peak glamping ​TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA​(スノーピークグランピング徳島小松島​)

アウトドア総合メーカーの株式会社スノーピークが、株式会社LIXIL住宅研究所の協力のもと、常設グランピング施設4か所目となる「snow peak glamping ​TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA​(スノーピークグランピング徳島小松島​)」を2021年4月16日にオープンする。運営主体は中山建設株式会社が担う。

2017年以降、大自然の中で非日常の体験を提供するグランピング事業を展開しているスノーピーク。2017年6月に神奈川県横須賀市に「snow peak glamping 京急観音崎」をオープンし、2019年5月には新潟県阿賀野市に「snow peak glamping swanlake ikarashitei garden」を、同年7月には長野県白馬村に「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」を開業している。

このほど4箇所目として徳島小松島にてオープンするのは、スノーピーク初となるホテル宿泊スタイルの体験型グランピング施設。スノーピーク製品でコーディネートされた客室は全室オーシャンビューで、リビングから屋外へとつながるスペースには、ウッドデッキとガーデンが設けられている。また、焚火ができる宿泊者専用ラウンジやプライベートビーチでのアクティビティ、施設周辺での四季に応じたさまざまなアウトドア体験プログラムが用意されている。

https://www.snowpeak.co.jp/news/p20210316-1/