吉岡徳仁によるパブリックアート「光の結晶」が10月16日より銀座駅に設置

吉岡徳仁によるパブリックアート「光の結晶」が10月16日より銀座駅に設置

吉岡徳仁によるパブリックアート「光の結晶」が、2020年10月16日にリニューアルオープンする東京メトロ・銀座駅に設置される。

これまで自然が人間にもたらす感覚を追求し、作品を生み出してきた吉岡徳仁。ガラスの茶室「光庵」やプリズムの建築「虹の教会」、オルセー美術館に常設展示されているガラスのベンチ「Water Block」など、非物質的な光を独自の手法で表現してきた。

今回新たに制作された「光の結晶」は、特殊なファセット・カットを施した636個のクリスタルガラスを集積し、放たれた光によって構築される“光の彫刻”だ。作品の輝きを生み出すプロセスには世界地図が用いられており、“地球に生きるものとして世界がひとつになる”という平和への願いが込められている。

https://www.tokujin.com/news/