おうちで“かはく”体験。国立科学博物館が、展示室の3Dビュー+VR映像などを無料公開

3Dビュー+VR映像(国立科学博物館)3Dビュー+VR映像(国立科学博物館)

国立科学博物館が、館内の展示が鑑賞できる3Dビュー+VR映像など、自宅で楽しめるコンテンツ「おうちで体験! かはくVR」を無料で公開している。

一般財団法人VR革新機構の協力のもと、展示室全体の高画質画像を撮影して3Dビュー+VR映像を制作したという同コンテンツ。まるで同博物館の中にいるような感覚で展示鑑賞が楽しめるという。なお、3Dビュー映像はPC・スマートフォンで見られるが、VR映像鑑賞にはVR専用ゴーグルもしくはVRメガネが必要だ。

また、同館の研究者が、自身の研究内容や展示鑑賞のポイントを伝える動画「おうちでかはく、科学に触れる時間」や、3月14日から4月12日まで開催予定だった企画展「ボタニカルアートで楽しむ日本の桜 —太田洋愛原画展—」の解説付き動画などが、YouTubeの公式チャンネルで配信される。そのほか、同館メルマガで配信しているPC用カレンダー付き壁紙のバックナンバーや、親子向け展示室「コンパス」で配布しているワークシートの一部が公式サイトからダウンロード可能だ。

おうちで体験! かはくVR
https://www.kahaku.go.jp/VR/

YouTube【国立科学博物館公式】かはくチャンネル
https://www.youtube.com/user/NMNSTOKYO

壁紙バックナンバー
https://www.kahaku.go.jp/news/2020/COVID-19/kabegami.php

コンパス
https://www.kahaku.go.jp/learning/compass/index.php