商業施設「NEWoMan横浜」の環境デザインを田根剛が担当。JR横浜駅西口に5月にオープン

3F NEWoMan Lab.イメージ3F NEWoMan Lab.イメージ

株式会社ルミネが運営する商業施設「NEWoMan横浜」が、JR横浜駅西口のJR横浜タワーに5月30日にオープン。環境デザインを建築家の田根剛が担当する。

「NEWoMan(ニュウマン)」は、自立した大人の女性向けに新しいライフスタイルを提案する商業施設。2016年にJR新宿駅に開業したNEWoMan新宿に続く第2号店となるNEWoMan横浜は、全116ショップが出店し、グッチやティファニー、バーバリーといったルミネ初の高級ブランドも含まれ、上位顧客向けラウンジ「NEWoMan LOUNGE」も常設されている。また、最新情報やトレンドの発信、体感イベントなどを行うポップアップスペース「NEWoMan Lab.」が5区画設けられているほか、共用部ではアート展示が行われるという。

今回、環境デザインを担当したのは、エストニア国立博物館、新国立競技場・古墳スタジアム(案)などを手がけ、パリを拠点に国際的に活躍する建築家・田根剛。「GLOBAL PORT CITY」をテーマに、各フロアで柄の異なるタイルを30万枚使用し、建物内にいながら街を歩いているような楽しさが感じられる空間を目指した。

https://www.newoman.jp/yokohama-opening/