デザインの過程にフォーカスをあてた企画展「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」が、21_21 DESIGN SIGHTにて開催

デザインの過程にフォーカスをあてた企画展「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」が、21_21 DESIGN SIGHTにて開催

デザインの過程で生み出されるスケッチや図面にフォーカスをあてた企画展「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」が、2019年11月22日から2020年3月8日まで21_21 DESIGN SIGHTにて開催される。

展覧会ディレクターに、Takramのデザインエンジニア田川欣哉を迎える本展には、深澤直人や原研哉など日本デザインコミッティーに現在所属するメンバー全員が参加デザイナーとして名を連ねている。

1953年の設立以来、銀座・松屋を拠点に優れたプロダクトの選定やデザイン展の開催を通して、日本のデザインに貢献してきた日本デザインコミッティー。各分野を代表するデザイナーや建築家、評論家が自主的に参加し、現在は40代から90代まで26名のメンバーで構成されている。

本展の核となるのは、日本デザインコミッティーのメンバーたちが、デザインの過程において生み出してきたスケッチ、図面、模型の数々。本展では、多くの人々の目に触れる完成品に比べてあまり光が当たらない、「秘められた部分」に刻まれたデザインの大切なエッセンスを間近で目にすることができる。

本展の会期に先行して、日本デザインコミッティーの現メンバー全員にインタビューした内容をポッドキャストで配信。さらに、会期中には、次世代のデザイナーを招いたトークイベントも開催し、展覧会の枠組みを超えた情報発信を積極的に行っていく。本展は、世代や領域が異なる人々の結節点となり、日本のデザインの豊かな蓄積を未来の創造へと活かすきっかけになることを目指している。

http://www.2121designsight.jp/program/inspiration/