梅田哲也 うたの起源

『●』shin-bi、京都、2009年『●』shin-bi、京都、2009年

梅田哲也は、その場所にあるものや廃材、日用品で構成される光・音・動きを伴うインスタレーションや、そこにいる人たちとともに作り上げるパフォーマンスを国内外で発表し、国際的に高く評価されているアーティストです。音楽・美術・舞台芸術という分野を横断する活動の根底には、それらが地続きであることへの意識と、物理現象とアートと生活の接続可能性についてのたゆまぬ考察と実践があります。

2019年3月21日にリニューアルオープンをした福岡市美術館は、11月3日に開館40周年を迎えます。この記念すべきときに、梅田哲也の個展を開催することは、当館にとって新たな挑戦といえます。建築や設備、さらには組織に介入し、既成のルールとのせめぎあいのなかで作品を成立させる梅田の方法は、美術館における固定概念を揺るがし、「美術」の再考を促すに違いありません。

本展覧会では、新旧の要素をあわせもつ当館の複数の場所に、梅田のインスタレーションが展開します。梅田の作品は鑑賞者に、注視し、傾聴し、感じ、考え、想像することを求めます。ここにあるもの、ここで生まれようとしているものは何か、それらはどのような関係にあるのか。ここにないもの、ここから失われようとしているものは何か、それはなぜなのか。梅田の作品によって導かれる思考と想像は、現在の生活はもとより、美術(館)の歴史や将来にも、想像の及ばないような遠い未来と起源にも、つながっていくことでしょう。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

【関連イベント】
●パフォーマンス公演「梅田哲也×福岡市美術館 ギャラリーツアー」
日時:12月27日(金) 11:00~、12:00~、13:00~、15:00~、16:00~、17:00~(ツアー鑑賞時間は45分程度を予定)
ゲスト:ハイネ・アヴダル、篠崎由紀子、leo、miyu、捩子ぴじん 他
定員:各回15名
※事前申込制(定員になり次第終了)
※11月29日正午より、展覧会特設サイト(https://umeda.exhb.jp/)にて申込受付開始。

開催期間 2019/11/02(土)~2020/01/13(月)
時間 9:30~17:30(入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし、11/4、2020年1/13は開館)、11/5、11/26、12/28~2020年1/4
入場料 ⼀般200円/高大生150円/中学生以下無料
参加アーティスト 梅田哲也
会場
  • 福岡市美術館
  • 2F 近現代美術室B 他
  • 福岡県福岡市中央区大濠公園1-6
会場電話番号 092-714-6051
会場URL https://www.fukuoka-art-museum.jp/
詳細URL https://www.fukuoka-art-museum.jp/exhibition/umedatetsuya/