両足院大書院特別展「杉本博司:日々是荒日」

©️Hiroshi Sugimoto / Courtesy of RYOSOKU photo: Masatomo Moriyama©️Hiroshi Sugimoto / Courtesy of RYOSOKU photo: Masatomo Moriyama

現代美術作家・杉本博司が制作した襖絵と掛軸が、京都建仁寺の塔頭・両足院大書院にて初公開されます。特別展としての一般公開は、2021年11月1日から14日までの11日間を予定しており、襖絵、掛軸とともに光学硝子五輪塔など、杉本博司の作品を京都府指定名勝庭園を目前に望む大書院にてご鑑賞いただきます。

なお、この特別展は、2018年より境内一帯を次世代につなぐ実践的な試みを続けている両足院にて展開している「RYOSOKU」の活動の一環として開催されます。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋/一部編集》

開催期間 2021/11/01(月)~2021/11/14(日)
時間 10:00~15:00(最終入館14:30)
休館日 11/9、11/11(11/3は貸切)
入場料 2,000円
参加アーティスト 杉本博司
会場
  • 両足院
  • 大書院
  • 京都府京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町591
詳細URL https://www.ryosoku.com