Keiko Oogami × Hiromi Yoshida「resonance」

Keiko Oogami × Hiromi Yoshida「resonance」

8月17日から、イラストレーター大神慶子と吉田裕美による二人展「resonance」をBOOK AND SONSにて開催いたします。

ピープルツリーのチョコレートをはじめ、パッケージデザインなどを制作する大神慶子と、文芸誌の扉絵などを手がける吉田裕美。十数年前にイラストレーション青山塾で出会った二人は、かつて毎週仕事帰りに青山へと向かい絵を描いていたそう。

大胆な筆のタッチと細々としたパターンを組み合わせ、道具によってさまざまな表情を見せる大神さんの作品と、線の細さと太さを使い分け、塗りと線を組み合わせた絶妙な緩急で魅了するドローイングを中心とした吉田さんの作品。

東京で初となる今回の展示では、「resonance(共鳴)」をテーマにそれぞれの作品の他、共通のモチーフを描いた作品が並びます。会場では「鳥取 亀甲や ブランケーキ」や「和歌山 fikaクッキー」など大神氏がパッケージを手がけたお菓子や、吉田氏のポストカードなどを販売予定。日々の生活に彩りを加える一品を探してみてはいかがでしょうか。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋/一部編集》

開催期間 2019/08/17(土)~2019/09/01(日)
時間 12:00〜19:00
休館日 水曜日
入場料 無料
参加アーティスト 大神慶子、吉田裕美
会場
  • BOOK AND SONS
  • 東京都目黒区鷹番2-13-3 キャトル鷹番
会場電話番号 03-6451-0845
会場URL https://bookandsons.com/
詳細URL https://bookandsons.com/blog/resonance.php