発掘された日本列島2018 新発見考古速報

発掘された日本列島2018 新発見考古速報

日本列島では、毎年約8,000件の発掘調査が行われている。本展では、このうち近年発掘され成果がまとまった全国17の遺跡から546点にわたる資料を速報展示する。さらに、特集展示として全国の代表的な装飾古墳を取り上げる。古墳内部に表現された幾何学紋や器財・動物・人物等の文様は、古墳時代の死生観や葬送儀礼を知る上で極めて高い価値がある。この特集は、東日本大震災や平成28年に発生した熊本地震により装飾古墳が被災した事態を受け、装飾古墳の世界やその保護の取り組みを紹介するものである。

会場のある川崎でも、重要な遺跡が数多く発掘されている。現在の川崎市域には、かつて古代武蔵国の橘樹郡・多磨郡・都筑郡があった。この三郡にはそれぞれ、橘樹郡に影向寺遺跡、多磨郡に菅寺尾台遺跡、都筑郡に岡上栗畑遺跡の古代仏教遺跡がある。瓦塔や「寺」と書かれた墨書土器(ぼくしょどき)などが「ムラ」の遺跡から出土し、また丘陵地帯には骨蔵器を用いた古墓群が造営された。これは古代になって新しく出現した有力氏族の墓所と考えられる。本展では、これらの遺跡から発掘された資料から、古代寺院の成立とその後仏教が「ムラ」に浸透していく過程を描きだす。古代の川崎に華開いた、仏教文化をご観覧いただきたい。

【関連イベント】
●記念講演会
日時:2019年1月12日(土) 14:00~16:00
講師:土生田純之(専修大学文学部教授)

日時:2019年2月9日(土) 14:00~16:00
講師:禰冝田佳男(文化庁文化財第二課主任文化財調査官)

場所:1F映像ホール
定員:270名(当日先着順)
※参加無料(要観覧券)

●スペシャルトーク
日時:2019年2月10日(日) 11:00~12:00
「展示輸送のプロが語る“列島展”の作り方-展示の裏側を大公開-」
登壇者:桃井宏和(公益財団法人 元興寺文化財研究所研究員)
場所:2F企画展示室1
※要観覧券

※詳細などは公式サイトをご参照ください。

開催期間 2019/01/08(火)~2019/02/17(日)
時間 9:30~17:00(入場は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし、2019年1/14、2/11は開館)、2019年1/15、2/12
入場料 一般800円/学生・65歳以上600円/中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方およびその介護者は無料
会場
  • 川崎市市民ミュージアム
  • 企画展示室 1
  • 神奈川県川崎市中原区等々力1-2
会場電話番号 044-754-4500
会場URL https://www.kawasaki-museum.jp/
詳細URL https://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/14620/