ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9~漫画、9番目の芸術~」

荒木飛呂彦 『岸部露伴 ルーヴルへ行く』 © LUCKY LAND COMMUNICATIONS / 集英社荒木飛呂彦 『岸部露伴 ルーヴルへ行く』 © LUCKY LAND COMMUNICATIONS / 集英社

古代文明から19世紀中頃までの膨大な作品を所蔵する、世界最大級かつ最高峰の美術の殿堂「ルーヴル美術館」。1793年の開館以来、200年以上の長い歴史を持つルーヴル美術館が、「漫画」でルーヴル美術館を表現するという、かつて無い新たな試みとして「ルーヴル美術館BDプロジェクト」を立ち上げた。

日本の「まんが」、アメリカの「コミックス」のように、フランス、ベルギーなどのフランス語圏には古くから独自に発展してきた「バンド・デシネ(BD)」という漫画文化がある。「バンド・デシネ(BD)」には、大衆的な作品がある一方で、まるで絵画のような複雑で技巧に富んだ作品も多く、子どもから大人まで幅広い年代の人たちに楽しまれている。そうした特徴から、フランスにおいてBD(=漫画)は「第9の芸術」と位置づけられるほどである。

「ルーヴル美術館BDプロジェクト」は、「漫画」という表現方法を通して、より多くの人々にルーヴル美術館の魅力を伝えるために企画された。漫画家たちに、ルーヴル美術館をテーマに自由に作品を描いてもらう、という前代未聞の企画には、日本の漫画家を含むフランス内外の著名な漫画家が多数参加しており、すでに12作品が出版され、プロジェクトは現在も進行中である。

そしてこの度ついに、フランスと同様、独自の漫画文化を発展させてきた、漫画の国ニッポンで、本プロジェクトが展覧会として上陸。新たに4名の日本人漫画家たちの参加も決定、本展のために新作を描き下ろす。約300点の原画や資料、そして映像を、エキサイティングな演出と共に展観し、日本ならではの、エンターテインメント性の高い、ダイナミックな展覧会が誕生する。

総勢16人の漫画家が描く、16通りのルーヴル。ルーヴル美術館と漫画家たちの華麗なるコラボレーションを、どうぞご堪能いただきたい。

開催期間 2016/12/01(木)~2017/01/29(日)
※イベント会期は終了しました
時間 11:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 12/31、2017/1/1
入場料 一般・大学生1,600円/中・高校生1,200円/小学生600円
参加アーティスト ニコラ・ド・クレシー、マルク=アントワーヌ・マチュー、エリック・リベルジュ、ベルナール・イスレール&ジャン=クロード・カリエール、荒木飛呂彦 他
会場
  • グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ
  • 大阪府大阪市北区大深町3-1
お問い合わせ 050-5542-8600
会場URL http://kc-i.jp/
詳細URL http://manga-9art.com/