学校法人桑沢学園創立60周年・桑澤洋子没後40年 記念展 「ふつう」をつくったデザイナー

桑澤洋子 活動と教育の軌跡

学校法人桑沢学園創立60周年・桑澤洋子没後40年 記念展 「ふつう」をつくったデザイナー

東京造形大学および専門学校桑沢デザイン研究所を運営する学校法人桑沢学園は、2017年に創立60周年を迎えた。この節目を記念して、『「ふつう」をつくったデザイナー 桑澤洋子 活動と教育の軌跡』を開催する。

学園創立60周年にあたる2017年は、学園創立者・桑澤洋子の没後40年にもあたる。デザイナーとして、また造形教育者として、桑澤は大きな足跡を残した。本展では、彼女の代名詞でもあった「ふだん着のデザイナー」としての作品を再考し、桑澤洋子が目指した「社会とつながるデザイン」、デザインにおける「ふつうの良さ」の意味を考える。

今回は、2020年東京オリンピック競技大会の開催を前に、1964年オリンピック東京大会で桑澤がデザインを手がけた「競技要員ユニフォーム」の再制作品と、遺作を含む約30点が展示される。桑澤が日常に注いだまなざしをさまざまな角度から観ることができる。

開催期間 2018/01/12(金)~2018/01/13(土)
時間 1/12 13:00~18:30、1/13 11:00~19:00(いずれも最終入場は、閉場の30分前)
入場料 無料
参加アーティスト 桑澤洋子
会場
  • 専門学校桑沢デザイン研究所 
  • 東京都渋谷区神南1-4-17 桑沢ビル1階
お問い合わせ 042-637-8111
会場URL http://www.kds.ac.jp/
詳細URL http://www.zokei.ac.jp/news/2017/7354/