小泉明郎「縛られたプロメテウス」

©あいちトリエンナーレ2019 撮影:佐藤駿©あいちトリエンナーレ2019 撮影:佐藤駿

山口情報芸術センター[YCAM]にて、アーティスト・小泉明郎によるVR(バーチャル・リアリティ/仮想現実)を用いた体験型の演劇作品「縛られたプロメテウス」の公演が、10月23日と10月24日に開催します。

小泉はこれまで、国家・共同体と個人の関係、また人間の身体と感情の関係について、現実と虚構を織り交ぜたアプローチで作品を発表してきました。演劇、音声、映像など複数の手法を巧みに組み合わせた作品は、国際的な芸術祭をはじめとする現代美術や演劇の文脈でも高い評価を受けています。

本作は、古代ギリシアの詩人アイスキュロスによる悲劇「縛られたプロメテウス」が原作となっています。未来を予見する能力を持ちながらも、全知全能の神・ゼウスから火を盗み、永劫の苦しみを味わうプロメテウス。本作の観客は、この神話的時間から発想された近未来の中で、自分とは異なる「他者」の感覚や感情をVRを通じて追体験していきます。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋/一部編集》

開催期間 2021/10/23(土)~2021/10/24(日)
時間 詳細は公式ホームページをご覧ください
入場料 一般2,500円/高校生以下500円
参加アーティスト 小泉明郎
会場
  • 山口情報芸術センター[YCAM]
  • スタジオB
  • 山口県山口市中園町7-7
お問い合わせ 083-901-2222
会場URL https://www.ycam.jp/
詳細URL https://www.ycam.jp/events/2021/prometheus-bound/