ミロ展―日本を夢みて

ミロ展―日本を夢みて

スペインのバルセロナで生まれた大芸術家、ジュアン・ミロ(1893-1983)。ピカソと並ぶ現代スペインの巨匠として日本でも広くその名は知られていますが、ミロの創作活動の裏側には日本文化への深い造詣があったことは意外なほど知られていません。一方日本では1930年代からミロの作品が紹介され、世界に先駆けて1940年にモノグラフ(単行書)が出版されるなど、日本は早くからその活動に注目をしてきました。そして現在も日本各地の美術館が数々のミロの名品を収蔵しており、今なおミロの人気は衰えません。

本展では、若き日の日本への憧れを象徴する初期作品から代表作、そして日本で初めて展示されたミロ作品を通し、相思相愛であったこの画家と日本の関係に迫ります。さらに本人のアトリエにあった日本の民芸品や批評家の瀧口修造との交流を示す多彩な資料を通してミロと日本の深いつながりを紐解き、ミロというよく知られた画家を約130点の作品と資料で新たな角度からご紹介します。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2022/02/11(金)~2022/04/17(日)
時間 10:00~18:00(金・土は21:00まで/入館は各閉館30分前まで)
休館日 2/15、3/22
入場料 一般1,800円/大学・高校生1,000円/中学・小学生700円(土日祝・4/11~17は入場日時予約制)
参加アーティスト ジュアン・ミロ
会場
  • Bunkamura ザ・ミュージアム
  • 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F
お問い合わせ 050-5541-8600(ハローダイヤル)
会場URL https://www.bunkamura.co.jp/museum/
詳細URL https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/22_miro/