現代日本のパッケージ2018

<KOIKEYA PRIDE POTATO> 株式会社湖池屋第57回ジャパンパッケージングコンペティション 経済産業大臣賞<KOIKEYA PRIDE POTATO> 株式会社湖池屋
第57回ジャパンパッケージングコンペティション 経済産業大臣賞

身近な印刷物の代表例であるパッケージには、使いやすさに配慮したユニバーサルデザインや、地球環境に優しい包装材の開発など、解決すべき課題に対しさまざまな努力がなされている。一見、消費者にはわかりづらいこのような創意工夫は、それを評価するコンクールによって誰の目にもわかるようになる。

P&Pギャラリーでは、日本で開催されている大規模なパッケージコンクールの受賞作を通じて、こうした現代のパッケージのデザインや機能などの進化を一般の人々に広く知ってもらい、パッケージへの理解を深める場を設けている。

本展では、身近な存在でありながら、これまではなかなか深く知ることのなかったパッケージのおもしろさを紹介する。

【関連イベント】
●トークショー「パッケージの『白』の表現」
日時:10月14日(日) 15:00~16:30
モデレーター:加藤芳夫(クリエイティブディレクター)
石川竜太(アートディレクター/デザイナー 株式会社フレーム代表取締役)
児島薫(デザインディレクター サントリーコミュニケーションズ株式会社)
東海林小百合(アートディレクター、パッケージ/グラフィックデザイナー SAYURI STUDIO,INC.)
山崎茂(クリエイティブディレクター 株式会社コーセー)
会場:印刷博物館 グーテンベルクルーム
定員:80名 
※事前申込制

開催期間 2018/10/10(水)~2018/12/09(日)
※イベント会期は終了しました
時間 10:00~18:00
休館日 月曜日
入場料 無料(印刷博物館本展示場に入場の際は入場料が必要)
会場
  • 印刷博物館
  • 東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル
会場電話番号 03-5840-2300
会場URL https://www.printing-museum.org/
詳細URL https://www.printing-museum.org/exhibition/pp/181010/