Arts Towada 十周年記念「インター + プレイ」展

鈴⽊康広「アーツトワダ10 周年記念野外彫刻作品案 スケッチ」鈴⽊康広「アーツトワダ10 周年記念野外彫刻作品案 スケッチ」

※新型コロナウイルス感染拡大防止にともない、当面のあいだ臨時休館となりました(5月9日付 主催者発表)

2020年、十和田市のシンボルロードである官庁街通りをひとつまるごと「美術館」に見立てた、全国でも珍しい取り組み“Arts Towada”が、完成から10周年を迎えます。十和田市現代美術館は、そのArts Towadaの中核施設として、アートが持つ驚きの体験と最先端のアートを発信、まちとの交流を通して創造性の相互作用を促進しています。

Arts Towadaは、時代の先端的表現と多様な人々を受け入れる包容力の両方を併せ持つものを追い求めてきました。10周年記念展となる本展は、そのようなArts Towadaの姿勢を体現するものとして、一年を通し3期に分けて内容を変えつつ行われます。私たちの身体、建築、街と社会の内側と外側に橋を架け、その間を繊細・自由に往還し、私たちの生きる空間に新しい可能性を開く作家・作品で一年間の展覧会を構成します。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

【会期】
第1期:2020年4月18日(土)~2020年8月30日(日)
第2期:2020年9月19日(土)~2021年1月11日(月)
第3期:2021年1月23日(土)~2021年5月30日(日)
※会期中、3期に分けて出展作家が変更となります

【第1期関連イベント】
●第1期本展出展作家によるオープニングトーク
日時:4月18日(土)14:00~16:00
会場:十和田市現代美術館 市民活動スペース
参加費:無料 ※要企画展チケット

●松原慈レクチャーパフォーマンス「赤の謎かけ」+金澤韻(本展キュレーター)との対談
日時:4月19日(日)14:00~
会場:十和田市現代美術館 市民活動スペース
参加費:無料 ※要企画展チケット

●問題行動トリオ パフォーマンス「8時ダよ!問題行動」
日時:6月27日(土)20:00~
会場:十和田市現代美術館 展示室
参加費:2,000円

●問題行動トリオ ワークショップ
日時:6月28日(日)10:30~15:15
(10:30~11:30 砂連尾理 13:00~14:00 野村誠 14:15~15:15 佐久間新)
会場:十和田市現代美術館 市民活動スペース
定員:30名(事前受付優先)
参加費:500円(各回ごとに)

※各イベントの詳細は後日公式Webサイトで発表いたします。日時・内容が変更する可能性もありますので、最新情報は随時Webサイトでご確認ください。

開催期間 2020/04/18(土)~2021/05/30(日)
時間 9:00~17:00(入場は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし祝日の場合はその翌日)
入場料 一般800円/高校生以下無料
参加アーティスト 鈴木康広、目、津田道子、evala、松原慈、水尻自子、青木千絵、問題行動トリオ(野村誠、佐久間新、砂連尾理)
会場
  • 十和田市現代美術館
  • 青森県十和田市西二番町10-9
会場電話番号 0176-20-1127
会場URL http://towadaartcenter.com/
詳細URL http://towadaartcenter.com/exhibitions/artstowada10th-interplay/