日本の美術工芸を世界へ 特別展「工芸的美しさの行方―うつわ・包み・装飾」

日本の美術工芸を世界へ 特別展「工芸的美しさの行方―うつわ・包み・装飾」

東京のTERRADA ART COMPLEX Ⅱ BONDED GALLERYにて、「日本の美術工芸を世界へ 特別展『工芸的美しさの行方―うつわ・包み・装飾』」が2024年7月4日から7月16日まで開催されます。

—以下、公式サイトの紹介文を抜粋—

アートがものの姿をとる以上、そこには技法・材料、制作動機としてのコンセプト、そして表現という3つの要素が存在します。一般的に、工芸は技法・材料を基にし、現代アートはコンセプトを基にしていますが、それらの要素をオリジナルな視点から探求し、バランスよく制作された作品は、高いクオリティをもっています。

最近では、工芸と現代アートが交差し、両方の特徴をもつ優れた作品が多く生まれています。工芸的なこだわりを持ちつつ、現代アートの表現力やコンセプトを併せもつものです。この展覧会では、工芸が基点でありながら、ジャンルを超えて制作をしている10人のアーティストを紹介します。

今回は「うつわ」形という工芸的な美しさをテーマにしています。この「うつわ」形は、造形芸術の視点から考えると、工芸のみに登場する特徴的な形態と言えます。それは単なる容器としての機能だけでなく、工芸的な形態の本質的な意味を含んでいます。

例えば、我々は容器を人体の形と関連づけ、口や胴などの名称を与えたり、器に手足を加えて直接人体の表現を行います。そこには単なる道具としての器を超えて、イメージと表現が加わった「うつわ」形が存在します。そして、さらに工芸的な特徴を発展させ、「包み」という概念や「装飾」という観点からも今回の展示を構成しています。自由な工芸表現を通してその本質を問いかける新しい動向を紹介します。

開催期間 2024/07/04(木)~2024/07/16(火)
時間 11:00~19:00
休館日 月曜日
入場料 無料
参加アーティスト 石塚源太、近藤高弘、佐々木類、四代田辺竹雲斎、塚田美登里、中田真裕、中村卓夫、畠山耕治、牟田陽日、やまわきてるり
会場
  • TERRADA ART COMPLEX Ⅱ BONDED GALLERY
  • 東京都品川区東品川1-32-8 4F
会場URL https://terrada-art-complex.com/
詳細URL https://artkogei.com/