アルベルト・ヨナタン「TERRENE」

Mandala Study #4Mandala Study #4

インドネシアを代表する若手アーティスト、アルベルト・ヨナタンの展覧会「TERRENE」が、ポーラ ミュージアム アネックスで開催される。

アルベリレト・ヨナタンは、粘土を用いて陶磁器制作を行っており、作品すべてのパーツを、雛型などを使用せずに自らの手で制作している。2013年のヴェネツィア・ビ工ンナーレにて、インドネシア館代表アーティストの1人として最年少で選出された。現在、国立新美術館と森美術館で開催中の東南アジアの現代アーティストのグループ展「Sunshower」にも参加する、注目の若手アーティストだ。

タイトルの「TERRENE」は、ラテン語の土(terra)を語源としており、“土からきたもの”または“土のようなもの”と定義される。「物質と無形、世俗的と精神的など、正反対同士の間を探ることが本展の中心的な目的となる」と本人は語っている。

本展は、海外から高い評価を受けている陶磁器を使ったインスタレーションを中心に、映像やドローイングなど、現在進行中のプロジェクトの新作を含めて約10点が展示予定だ。

開催期間 2017/10/07(土)~2017/11/05(日)
時間 11:00~20:00(入場は閉館30分前まで)
休館日 会期中無休
入場料 無料
参加アーティスト アルベルト・ヨナタン
会場
  • ポーラ ミュージアム アネックス
  • 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3F
会場URL http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/