日本有数の木製家具産地のイベント「飛騨の家具®フェスティバル」、2017年のスタイリングテーマは「ホテル」

家具デザインコンテストの外部アドバイザーによるトーク、右から川上元美さん、黒田美津子さん、林千晶さんと山崎家具デザインコンテストの外部アドバイザーによるトーク、右から川上元美さん、黒田美津子さん、林千晶さんと山崎

ご縁あって、日本有数の木製家具産地である岐阜県飛騨地域のブランディングに関わっています。お手伝いしている先は、1950年から続く歴史を持つ飛騨木工連合会という家具や木製品のメーカーが集まった地域の団体です。

飛騨木工連合会の大きな事業として、毎年9月に開かれる「飛騨の家具®フェスティバル」という大きなイベントがあります。2016年の飛騨の家具®フェスティバルでは、「家具デザインコンテスト」の中間発表を行い、川上元美さん・佐土川清さんというベテランデザイナーと飛騨を代表するメーカーの次世代リーダーとの対談、「国産材家具サミット」のコーディネートなどを行いました。

2017年もさらに新たな取り組みを計画しています。改めて皆さんに広く知っていただきたいと考え、3月30日に東京ミッドタウンのデザインハブで記者発表会を開催しました。取り組みの一つとしてまず決まったのは、飛騨の地でしか見ることができないスタイリングを紹介することです。

スタイリングは「飛騨の家具®ホテル」というコンセプトで、架空のホテルのラウンジを作り出します。メイン会場である飛騨・世界生活文化センターの規模を活かして、各メーカーのショールームや展示会では実現が難しい大空間でのプレゼンテーションをする予定です。コラボレーションするスタイリストは黒田美津子氏。飛騨の家具の新しい魅力を発見できる空間になるでしょう。

2回目となる家具デザインコンテストも実施します。こちらへの参加もお待ちしております。昨年は日程の関係で実現できなかったのですが、今年の表彰式は9月の飛騨の家具®フェスティバルで行いたいと考えています。

飛騨はインバウンドでも賑わっています。観光とあわせて飛騨の家具®フェスティバルへの訪問をぜひご検討くださいませ。

飛騨の家具・飛騨デザイン『飛騨木工連合会』
http://www.hidanokagu.jp

山崎 泰(株式会社JDN 取締役 ブランドディレクター)

山崎 泰 Yasushi Yamazaki

株式会社JDN 取締役/ブランドディレクター

1969年、北海道室蘭生まれ、札幌育ち。北海道大学卒業、心理学専攻。デザインが好きで、空間デザイン最大手の丹青社に入社。1997年に社内ベンチャーとして「JDN」を始める。ゼロから顧客開発し事業成立の中心的な役割を担う。2011年より株式会社JDNの取締役。現在はブランドディレクターとして、コンテストのコンサルティング、取材・執筆、講演なども行う。JAPAN BRAND FESTIVALボードメンバー。趣味はサックス演奏。