ジャパンデザインネットのトップページ
リポート
田中一光回顧展
 ジャパンデザインネット
 リポート
 JDNリポート
 



2002年1月10日に急逝したグラフィックデザイナー・田中一光氏の業績を、約550点の作品で振り返る、没後初の本格的な回顧展が東京都現代美術館で開催(2003年8月31日まで)。常に日本のグラフィックデザイン界の中心に位置してきた田中一光氏。国内のみならず海外からも高く評価される氏の活動の全貌を明らかにします。




展示室入り口



会場風景



仕事机と年譜



会場風景












没後初の本格的な回顧展

ポスターやブックデザイン、企業のロゴマーク、包装紙、商品のパッケージデザインといった分野で活躍し、常に日本のグラフィックデザイン界の中心に位置してきた田中一光氏。もし、その名前を知らなかったとしても、その作品を知らない人はいないのではないでしょうか。どれほど多くの田中一光氏のデザインが私たちの身の回りに存在するか、今回の回顧展ではあれもこれも氏が手がけた作品なのか、と改めてその偉大さに気付かされます。
会場は平日の午前中にも関わらず、多くの人が訪れていました。8月21日の朝には皇后さまも訪れ、伝統と現代、日本的美意識と西欧モダニズムの融合した田中一光氏の作品群を鑑賞されたとのこと。


 5,6 

また、展示デザインは、生前から交友が深かった建築家・安藤忠雄氏が担当。展示室のフロア―は一面ブルーのグラデーションのパターンで覆われ、天井から吊るされたペットボトルが展示室を仕切る涼しげな空間。ブルーのグラデーションは、田中一光氏のポスター作品「明石」がモチーフにされています。


展示構成

・京都芸大時代
・関西での活動
・東京へ
・フリーランス・田中一光デザイン室設立
・大日本印刷とギンザ・グラフィック・ギャラリー
・TOTOとギャラリー間
・セゾングループのアートディレクション
・無印良品
・ブック&エディトリアル
・タイポグラフィと文字
・マーク&ロゴ
・田中一光の仕事机
・グラフィックアート





ページトップへ


1.田中一光回顧展2.ポスター3.仕事机、エディトリアル、ブック、グラフィックアートほか
次へ




JDNとは広告掲載について求人広告掲載お問合せ個人情報保護基本方針サイト利用規約サイトマップ
デザインのお仕事コンテスト情報 登竜門展覧会情報

Copyright(c)1997 JDN
このwebサイトの全ての内容について、一切の転載・改変を禁じます。