純粋に植物を見る楽しさがあふれる「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」

純粋に植物を見る楽しさがあふれる「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」

プラントハンターの西畠清順氏による「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」が銀座のポーラ ミュージアム アネックスにて開催中だ。

プラントハンターとはおもに17世紀から20世紀中期にかけてヨーロッパで活躍した職業で、食料・香料・薬・繊維等に利用される有用植物や、観賞用の植物の新種を求め世界中を探検・冒険する人のこと。清順氏は幕末より150年続く花と植木の卸問屋「花宇」の5代目でもある。世界中を旅し、収集している植物は数千種類におよぶという。国内はもとより海外からの依頼も含め年間2000件もの案件に答えている。

DSC04917

本展では、清順氏が展覧会のために集めた希少植物約50種類が展示されている。会場にある植物はこれまで見たことのない風貌をしたものばかり。入口では各植物についてのエピソードが記載された紙を配布しており、その実体験を交えたコメントからはそれぞれの植物への愛が感じられる。

清順氏は「この展示会における一番の妙は、植物を人の手でコーディネイトしたりアレンジすることなく一切植物に手を加えず、純粋に植物を鑑賞する会だというところ」と、話す。たしかに今までなかった形の展示会だが、驚いたのは植物がそのまま元いた場所で生息しているかのように存在していたこと。会期中に実がなったり成長することもあるそうなのでぜひ何度も訪れてみてほしい。この機会を逃すと二度と会えないかもしれない植物たちがあなたを待っている。

以下、そのユーモラスな植物たちの一部を紹介する。
※写真キャプション【学名(和名)清順氏のコメントを抜粋】

Myrciaria cauliflor(ジャボチカバ)一度食べたら必ずファンになるこのスペシャルなフルーツは、輸送が困難なため日本では出回らない

Myrciaria cauliflor(ジャボチカバ)一度食べたら必ずファンになるこのスペシャルなフルーツは、輸送が困難なため日本では出回らない

Fockea edulis(火星人)火星人という和名がついているのも納得の多肉植物

Fockea edulis(火星人)火星人という和名がついているのも納得の多肉植物

Discorea elephantipes(メキシコ亀甲竜)“日本史上最大級”の亀甲竜。世界中の植物園が欲しがる巨大な一品

Discorea elephantipes(メキシコ亀甲竜)“日本史上最大級”の亀甲竜。世界中の植物園が欲しがる巨大な一品

Pachypodium enigmaticum(和名なし)本邦初公開。超貴重な一品

Pachypodium enigmaticum(和名なし)本邦初公開。超貴重な一品

Citrus medica 'Sarcodactylis'(仏手柑)不老不死の珍果としてインドから中国を経て日本に伝わった柑橘類

Citrus medica ‘Sarcodactylis’(仏手柑)不老不死の珍果としてインドから中国を経て日本に伝わった柑橘類

Welwitschia mirabilis(奇想天外)1科1属1種、地球上に27万種あると言われている多様な植物群の中で、その植物とも一線を画す珍奇植物の代表格

Welwitschia mirabilis(奇想天外)1科1属1種、地球上に27万種あると言われている多様な植物群の中で、その植物とも一線を画す珍奇植物の代表格

(写真右から)Senecio sp.'Cristed'(石化セネキオ)、Epiphyllum sp.(八方美人)

(写真右から)Senecio sp.’Cristed’(石化セネキオ)、Epiphyllum sp.(八方美人)

公式サイト
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/