トラフ建築設計事務所が空間をデザイン、「自然と科学のミュージアム 森の工舎」が北海道白老町にオープン

建物イメージ建物イメージ

「自然と科学のミュージアム 森の工舎(もりのこうしゃ)」が、北海道白老町虎杖浜に12月2日にオープンする。

低刺激スキンケア製品などの製造販売をおこなう株式会社ナチュラルサイエンスと、姉妹会社の株式会社ナチュラルアイランドが開設する同施設。2013年に廃校となった旧虎杖中学校をリノベーションした「自然と科学」がテーマのミュージアムで、株式会社ナチュラルサイエンスのフラッグシップ拠点である「ナチュラルスキンケア工園 ナチュの森」内に新設される。空間デザインにトラフ建築設計事務所(禿真哉、鈴野浩一)、照明デザインにBRANCH LIGHTING DESIGN(中村達基)、グラフィックデザインにAFORDANCE(平野篤史)など、多方面で活躍するクリエイターたちが施設づくりに携わっている。

館内には、フレグランスデザイナーが監修する調香室も備えた「香りのラボ」、本格的な蒸留を間近で体験できる「蒸留実験室」、倶多楽湖の湧水を使ったオリジナルドリンクや理科実験雑貨も取りそろえる「蒸留カフェ&ショップ」ほか、「アトリエ」「ライブラリー」「えほんのへや」「ギャラリー」など、子どもから大人まで科学体験を通じてさまざまな発見や学びが楽しめる施設となっている。

https://nachunomori.jp/