3年ぶりにリアル開催、「六本木アートナイト2022」が9月17日から3日間開催

©2022 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©MADSAKI/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©Fujiko-Pro©2022 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©MADSAKI/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©Fujiko-Pro

六本木の街を舞台にしたアートイベント「六本木アートナイト」が、2022年9月17日から9月19日まで開催される。新型コロナウイルスの感染拡大やそれにともなう影響により、リアルでの開催は3年ぶりとなる。

美術館をはじめとする文化施設や大型複合施設、商店街が集積する六本木の街全域にわたり、インスタレーション作品やパフォーマンス、トークなどの多様なコンテンツが展開される本イベント。2009年より継続的に開催し、都市型アートフェスティバルとして定着している。

今回は「マジカル大冒険 この街で、アートの不思議を探せ︕」をテーマに、メインプログラム・アーティストに現代アーティストの村上隆を迎える。同氏がメインプログラムに選んだモチーフは「ドラえもん」で、過去最大級のバルーン作品の制作が予定されている。また、同氏はプロデューサーとしてキュレーションしたアーティスト12組とともに、「ドラえもん」をモチーフにした新作に挑む。それぞれの作品は、六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館などに展示される。

なお今回は、新型コロナウイルス感染症対策として、「密」を避けるために従来のオールナイトでの開催は見送り、開催日程を3日間に拡大し、一部先行展示を行うなど、観客集中の緩和と鑑賞機会の分散に努めて開催される。

https://www.roppongiartnight.com/2022/