中川政七商店とTakramが、ビジョナリーブランディングチーム「PARADE株式会社」を設立

Takram ビジネスデザイナーの佐々木康裕、中川政七商店 代表取締役会長の中川政七(写真左から)Takram ビジネスデザイナーの佐々木康裕、中川政七商店 代表取締役会長の中川政七

工芸をベースにした生活雑貨の製造小売(SPA)企業の株式会社中川政七商店と、デザイン・イノベーション・ファームの株式会社Takramが、ビジョナリーブランディングチーム「PARADE(パレード)株式会社」を設立。中川政七商店代表取締役会長の中川政七とTakramビジネスデザイナーの佐々木康裕が中心メンバーとなり、2021年10月1日よりビジョナリーブランディングに特化したコンサルティングサービスの提供を開始した。

「志あるブランドを世の中に届ける」をビジョンに掲げるPARADE株式会社。中川政七と佐々木康裕に共通する「ブランディングの根幹となるのは企業が目指すビジョンである」という考えをもとに、Takramが持つ世界最先端の事例と、中川政七商店が培ってきた実践力を掛け合わせを強みに、志(ビジョン)あるブランドを世の中に届けていく一助を担う。

同社が提供するビジョナリーブランディングのサービスは、「ブランドビジョンづくり」と「ブランドコミュニケーション戦略」の大きく2つのステップに分かれている。「ブランドビジョンづくり」では、ブランドの歴史や会社における位置づけなどを振り返りつつ、プロダクトやデザイン、ポジショニング戦略などを包含した、ブランドづくりの指針となるブランドビジョンを策定。「ブランドコミュニケーション戦略」では、ブランドパーソナリティの設定や、リアル・デジタルの多様なタッチポイントの整理、タッチポイントごとの特徴を踏まえたコンテンツ検討を通じ、ブランドビジョンへ共感を生むためのコミュニケーション戦略を策定するという。

https://join-parade.jp/