服部一成がロゴをデザイン、名古屋のアートイベント「ストリーミング・ヘリテージ|台地と海のあいだ」が開催

ストリーミング・ヘリテージ|台地と海のあいだ ロゴストリーミング・ヘリテージ|台地と海のあいだ ロゴ(デザイン:服部一成)

名古屋城から熱田の堀川沿いを舞台にした現代アートイベント「ストリーミング・ヘリテージ|台地と海のあいだ」が、3月12日から3月28日(期間中の金・土・日曜日) まで開催される。ロゴデザインは、グラフィックデザイナーの服部一成が担当。

名古屋城や納屋橋、宮の渡し、名古屋港など文化資源・観光資源が多くある、名古屋台地や熱田台地の縁(へり)を舞台にした同イベント。歴史と現在をインタラクトさせ、名古屋独自の文化芸術の魅力を世界に向けて発信し、社会経済活動再活性化へのきっかけにつながることを目指している。

会期中は、国内の著名アーティストによるインスタレーションや内外の識者を招くシンポジウム、最先端技術を用いたパフォーマンスなどが行われる。

https://streamingheritage.jp/